FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

魔法少女獅子首雪季 血の青春記 あとがきにかえて
ホーム    本編    オマケ
 
というわけで、皆様、ご読了お疲れ様でございます、
「魔法少女獅子首雪季 血の青春記」完結でございます。
おまけでも書きましたが、毎度毎度想定以上に長引いてしまうのはどうしたものか。
それにしても、本作描いてる間に、色々ありました。世間的にも、世界的にも、個人的にも。
それでも、新都社は相変わらず(そりゃあ、新都社だって少しずつは変わってるけど)
そこにあるので、俺も相変わらず、描き続けることができるってわけです。
ほんと、ありがたいです。
一応、今まで興味ありながら、手を付けずにいた「魔法少女」というか「魔術」というジャンルに
手を出してみたんですが、まあ、今までとはちょっと毛色の違う感じにできたでしょうか?
これまでの作品は、割とテーマ性重視だったりしたんですが、
今作ではあまりテーマは深く考えず、話の流れとノリ重視でやっていくつもりでした。
正直白状すれば、次の作品への繋ぎのつもりで描いてました。
ところが、話が進む度に、こちらの物語への没入度もグングン進んでいくという…
正直、繋ぎどころの騒ぎじゃなくなってきた挙句、その間に色んなこともあったりしたので、
何と言うか、すごい印象深い作品になってしまいました。
当初、過去作クロスオーバーの予定も、丸子君をちょこっと出す程度だったのが、
編さんまで出てくる始末(よくよく考えればあの事態だし…何もしてないけどね)。
ほんと、オマケで書いた通り、ストーリー自体は予定通りに進んでるのに
気がつけば分量がとんでもないことに… まあ、プロットでは「邪神登場」なんて四文字で済みますが、
絵ではそういうワケにはいかないですよね、そりゃ
というわけで、手短ではありますが、読者の皆様、新都社運営の皆様、そして魔龍の皆様、
本当にありがとうございました。
早速次回作準備に当たりますので、ご期待いただければありがたいです。
ではでは

2015/09/05 急に終わった夏の残滓と高野千春先生の新作が待ち遠しい季節に ゑびす


ホーム    本編    オマケ