FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

頂-ただひとり-の編-あみ- 第八話 12
 

ともかく、彼女を同じ目線に下ろした。

だが、彼女の能力は侮れない。

好きな場所に霊力を溜め、爆発させることができる。

それ以外にも、前田からいくつかの能力を与えられた様である以上、

なめてかかるのは自殺行為だ。

こちらも、遠慮無い能力行使をさせてもらう。

 

私の精神の奥底、全ての人間が共有する領域と、私個人の領域の境界にある小さな殻

私は、ここに立ち入ることと、殻を開けることを許された。

殻の中に入ると、そこは、海の上に浮かぶ草原の丘、遠くには丘陵が見え、薄曇りの空は薄紅に染まっている。

そこに、大理石の様な肌を持った、巨大な人間の様な生物がうずくまっていた。

全身は細く、余計な筋肉は無いが、引き締まっている。頭には二本の巨大な、山羊の様な角があり、

全身から、ぼうっとした薄い光を放っている。

「あなたが、私の、鬼さん?」

巨大な体を少し持ち上げ、目を薄く開く。赤く輝く目は、血というよりは炎のそれに近い。

その目に睨まれ、私は動けなくなってしまった。だけど、恐怖は感じない。

むしろ、歓喜が湧いてくる。

「さあ、あなたが、解放される時よ!」

上擦る様に叫ぶ私

立ち上がる巨大な体

殻の中の空が割れる!

音を立て、破片が落ち、私の精神の中の通り道が光輝いて、巨大な白亜の体躯を導く!

私は、全身を駆け抜ける不思議な快感に思わず悶えた。

神依りの時の、神による独りよがりな押し付けの快楽とは違う、正に、今正に私が求めている快感がそこにあった。

白い巨大な体は、途中で足を止める。そうか、まだ、ここまでしか許されていない…

だけど、充分。これで充分! さあ、行くよ!

私と巨大な体が一つになる。

 

現実における私の身体に変化が現れる。

私の全身が光を帯び、頭から角が生えた。

こうして、私は、私の精神の奥底に眠る存在、「鬼」の助力を得ることに成功した。

 

 

11_____13

   

 

 

ブラウザを閉じてください