家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

頂-ただひとり-の編-あみ- 第五話 9
 

「ハアハア… 前田…」

あれから、どれくらいの時間が経った?

俺は、ようやく、前田の背中を捉えた。

「情けないな、随分かかったぞ」

「うるせえ…! よくも、俺を騙してくれたな!」

「騙す? 何を言っている、お前は成れたじゃないか、『正義の味方』とやらに」

「お前は… お前は正義じゃない…!」

「如何にも。俺は正義などに現を抜かした覚えは無い。

だが、俺に正義を求める者も多かったな、下らぬことだ、正義など」

俺は、全身の血が逆流する様な激情にかられ、前田に飛びかかった。

その瞬間、白い影が俺の横を通り過ぎる…!

「!」その瞬間、全身に力が入らなくなった… あれ、おかしいな…

「ご苦労だったな、少年よ。お前は、鬼神の目覚めに必要な力となる資格を得たのだ」

「なんの…ことだ…?」声がふるえる。まるで、自分の体の制御ができていないみたいだ。

前田からもらった力でさえも、この現状をどうにかすることはできないみたいだ…

俺の真上から誰かが語りかける…ユキか…

「お疲れ様、ゆっくり休んでね」

「俺は…死ぬのか…?」

前田は答える

「死など、この世界における、矮小な概念に過ぎん。

肉体から精神が抜けた後の行き先など、星の数ほどある。

お前の精神は、大いなる存在の一つに組み入れられるのだ」

「まさか、神様ってやつ…?」

「何をもって神とするかによって違いはあろうな、俺に言わせれば、それは、鬼であり、神なのだ。

少なくとも、一神教におけるそれとは、大分概念の異なるものだ」

「それになって、何かいいことあるのかよ…?」

そう言うと、前田は少し怒った顔になって

「未だに、見返りの存在する正義を行おうとするか、偽英雄よ。

お前のこれより向かう場所、そこには、喜びも、苦しみもある」

「この世界と… 何か 違いが… あるのかよ… ?」

「それはお前が、その目で確かめることだ」

「俺の…目…で…」

そう言うと、俺の呼吸は次第に薄くなっていき、鼓動も段々と静かに…

やがて、すべてが、ぼうっ、としていき…

何もかもが薄くなって…

 

 

 

 

 

 

8_____■

   

 

 

ブラウザを閉じてください