家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ

頂-ただひとり-の編-あみ- 第二話 2
 

晴れた休日、特に用の無い私は、部屋の窓でクァ助と話していた。

クァ助は、自分はたたらと呼ばれる人達に仕えていたカラスだ、という。

たたらの人達は、かつて、人類に色々な技術を伝え、色々な災いから人類を守ってきたらしい。

実を言うと、宮田家は、たたらの血を引いた家系だと、おばあから聞いたことがある。

他にも、世界中には、たたらと縁を持つ家系がたくさんあるんだけど、そのうちのほとんどが、

たたらとの関係を忘れちゃってるんだって。

それから、クァ助の目的の話。

クァ助のご主人様は、たたらの中でも高貴な家柄で、たたらと同様、人類の歴史に関わりの深い

鬼と呼ばれる種族の研究を行っていたんだけど、

ある日、鬼神と呼ばれる存在についてあることがわかりそうになった時、

鬼神の使いと呼ばれる者に襲われて、亡くなったらしい。

だから、クァ助は、鬼神や鬼神の使いに対して、恨みを抱いている。

私を食べて、力を得ようとしたのも、鬼神に対する力をつけるため。

だけど、生きる意志の乏しい私を食べても大した力は得られない…

だから、私は、クァ助に食べてもらえるだけの価値を持った霊能者になりたい。

我ながら変なことを考えているな、と思っていると、おばあが玄関を出ていくのが見えた。

「何だろう?お客さんかな?」

話に夢中でチャイム音に気付かなかったらしい。

しばらくすると、表門の方から、スーツを着た人が二人、おばあに連れられて歩いてきた。

「仕事かな、準備しよう。」

私は着替えて、祭殿に向かった。

 

 

1_____3

   

 

 

ブラウザを閉じてください