楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪

頂-ただひとり-の編-あみ- 第23話 2
 

あの夜以来、世界規模で、争い事が減ったという。

各地の紛争地域で、休戦が次々と宣言され、

それ以外の、内情不安定とされる地域でも、民衆は落ち着きを見せているという。

だが、それでも、少しずつ、元通りになっていく。

人々は、思い出したように銃を手に取り、殺し合いを始める。

人々が殺し合うのは、恨みや憎しみばかりが理由ではない。

生きるために、殺さねばならない、そういう人のなんと多いことか。

人はまだ、未熟なのだ。

そうしなければ、何もできない、そうする前提で、動く世の中がある。

そして、その犠牲の上に、全ての富める者が存在する。

この地球上で、生命の不安もなく生きる全ての人間が、その他の地域における人の生き死にに、

何らかの形で関わっている。

つまり、私達は、日々、間接的な殺人を何食わぬ顔で行っている。

私達の笑顔の裏に、どれだけの死に顔が隠れているのだろう。

そして、それを忘れなければ、私達も生きてはいけない。

何が正しい世の中なのだろう?

こんな世界に生きることの何を誇れる?

そんなのは食物連鎖の様なもので、気にすることではないと、したり顔で平然と言ってのければいいのか?

私は、この手に与えられた使命を思い出した。

私は、この手で英雄を生み出すことができる。

そして、どうやら、私はこの世界の生命の頂点に立つ者、つまり、それが頂の巫女、ということらしい。

ならば、この私にできることは多そうだ。

この世界は争いで溢れている。

第三次大戦なんてものが起きようが起こるまいが、そんなのは、世界中の争いが形を変えたものに過ぎない。

その争いの連鎖を止めるために、このメズサとしての、そして頂の巫女としての全てを賭けようではないか。  

 

1_____3

   

 

 

ブラウザを閉じてください