家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

頂-ただひとり-の編-あみ- 第22話 9
 

そして、鬼達は、静かに歩いていく。

何かに吸い寄せられる様に。

彼等の行く先には、巨大な鬼をも遥かに凌ぐ巨大さを持った、

人型の様な、植物の様な、竜巻の様な、得体の知れない影がそびえ立っている。

不気味な赤みを帯びた夜空が、その影を際立たせているが、

それを、この鬼達がどう見たのかは定かではない。

とにかく、彼等は、その影に向かっている。

鬼達が各自の判断でそうしているのか、影が呼んでいるのか、それも定かではない。  

 

8_____10

   

 

 

ブラウザを閉じてください