家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

頂-ただひとり-の編-あみ- 第20話 1
 

その日の朝は、薄曇りで、窓から差し込む光も頼りなげだ。

空席の目立つ教室の一角で、私は自分の席にただ座っているだけだった。

いつぞやの様な、クラス中の妄想が渦巻く事態もあまりなくなった。

あの夢の事は、皆忘れてしまったのだろうか。

まったく、好き勝手に犯してくれて、そして、罪の意識も大して無く、忘れ去るなんて、

無責任すぎて笑えてしまう。まあ、たかが夢とでも思っているんだろう。

まさか、人類が滅びゆく運命だなんて露ほどにも思っていないに違いない。

そんなネガティブな思考に陥って外を見ていると、クラス中が静まり返ったのに気付いた。

思わず視線を前に向けると、教室の入り口に…

「丸子君…」

「よお、わりいな、皆、心配かけちまったみたいで、先生にさっきこっぴどく怒られちまった」

すると、丸子君と仲のいい男子生徒が、丸子君に近寄って頭をはたき合ったりした。

そして、丸子君は、こっちを見て

「よお! 俺がいない間、そんなポツンとしてたのかよ?」

私は、思わず顔を背けてしまった。

すると、丸子君が近寄って来て、

「わりい… 俺がいないと、お前が孤立しちまうなんて… 思ってもいなかったからさ…」

「別に、ひとりには、慣れてるもん」

すると、丸子君が私に顔を近づけてきた。私は思わず、噴き出してしまった。

「よし、お前は、笑ってた方が可愛い」

「ところで、もう、探さないの?」

「負けちまったもんは、しょうがねえし…

 気付いたんだよ、俺にとって本当に大事な奴に」

「誰?」

「…言わせるのかよ?」

「んー… 私の知ってる人だったら、また、協力してあげようかなってね」

わざと、視線を外しながら言ってみた。すると、

「とぼけてんなよ?」

「…違ってたら、恥ずかしいもん」

「…わかったよ、言うよ…」

「ここで言うの?」

皆が注目していることに、丸子君が気付くと、

「あ…後で…中庭な…」

「うん、あの木の下ね」

「…」

丸子君は黙って、自分の席に着いた。  

 

■_____2

   

 

 

ブラウザを閉じてください