家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

頂-ただひとり-の編-あみ- 第13話 2
 

木ノ下さんが、建物の内部を案内してくれた。とは言え、極秘な部分が多いらしく、

私達が見ることのできるものはほとんど無い。それに、観光に来たわけではないのだ。

というわけで、すぐに、研究棟の入り口に辿り着いた。

「ここから先は、治外法権だ。入ったら生きて帰れる保証はねえぞ」

「上等」文景さんが笑みを浮かべて言う。やはり、戦闘に長けた人だ。あの勘の鋭さも頷ける。

「じゃあ、お嬢さんたちはここで…」と木ノ下さんが言いかけたところで、

「私達も行きます」と能岡さんが強い口調で言った。

「観里、駄目だ」文景さんは当然、能岡さんを心配する。

「だって、この中に、真名ちゃんが…!」

「大丈夫だ、俺が連れてくるから…」そう言って、文景さんが、能岡さんを抱き寄せた。

そして、文景さんと、木ノ下さんは、扉の向こうへ…

横を見ると…「クァ助、あんたは行かないの?」

「俺の本来の役目は、主人たる、たたらの身を護ることだ。

んで、俺の横には、本物のたたらと、にわかたたらがいる」

「確かに、にわかですがね」

「お前らが行くってんなら、俺も行くぜ。

だがよ、お前らは行くべきじゃない。

戦闘経験うんぬんの話じゃない。

ガキが調子に乗って人殺して回る様な、チンケな殺し合いじゃねえ、

本物の戦闘をやりに行くんだ。

多少喧嘩が強いっていう手合いが見ていい様なもんじゃねえ、

マオさん、あんた、覚えた構えは?」

「ツチグモと、ヤマザル…」

さっきまで自信満々な感じだったのが、急にトーンダウンした口調になった。

「まだ二つか、実際使うのは得意な構えだけかも知れんが、

色んな構えを知っているのと知らんのとでは、取りうる戦術に大きな開きが出てくるんだ。

お前は、実戦には程遠いな」

「…ふん、今は勉強中じゃ!」

と、その時、扉の向こうで、爆発音が鳴った。

いよいよ、始まった。

だが、私達にできる事は、ただただ、息をのむ事だけだった。  

 

1_____3

   

 

 

ブラウザを閉じてください