家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

頂-ただひとり-の編-あみ- 第12話 8
 

その顔の真ん中には、大きな目が一つ。

先程、手鏡で見た、たたらの力を発揮した私の顔と酷似していた。

彼女は、本物のたたらである。

「たたら、の人…?」

「ほう、知っておるのか。まあ、霊能者ではあるし、お前自身からもたたらの気配を感じるからの、

知っていてもおかしくはないか」

「たたら…かつて、この国に、製鉄などの技術をもたらした…」文景さんが興味深げに言った。

「この国だけではない、世界にじゃ。

世界中の伝説に登場する巨人、その多くが、高い製鉄、土木技術を持っておる、

その全てが、たたらなのじゃ。

その証拠に、その巨人のほとんどは、一つ目であったり、身体に欠損があったりする。

製鉄や土木工事は危険なため、それを生業とする人間に欠損が生じやすいから、

技術者はその様に描かれる事が多いのだ、という学説がまかり通ってはいるがな」

「まさか、純粋なたたらが生き残っているなんて」

「珍しい事では無いぞ。たたらには、おれの様に、結界術に長けた者が多く、

各地の山林の奥深くで、結界を張って、誰にも悟られない様に暮らしておるのじゃ

中には、たたらの存在を知っている山里もあったりするが、

そこの住人は、部外者にたたらの存在を口外する様な事はしない。

たたらも、たたらで、山奥に籠って暮らすのは不便じゃからな、

かつては、人間との混血が進み、人間と見分けがつかなくなった者を使って、

街に買い出しに行かせていたらしいが、

おれは、ここの街の者とは馴染みじゃから、こうして堂々と出てくるんじゃ。

まあ、おっ父じゃと皆びっくりするから、この、可愛い顔を持って生まれた、このおれが、

出向いているというわけじゃ」

自分で自分を可愛いとか言ってはいるが、確かに可愛いのが腹が立つ。

「そのお面は?」

「ああ、これか、ほれ」とおもむろにお面を被った。

「何か、ミステリアスじゃろ?」

イラッとした。  

 

7_____9

   

 

 

ブラウザを閉じてください